本文へスキップ

丸三製紙株式会社は循環型産業のパイオニアです。

TEL. 0244-22-3111

〒975-0039 福島県南相馬市原町区青葉町1丁目12番地1

方針CONCEPT

会社方針

社会の発展に貢献し、社員の幸せを願う安定収益のある魅力ある会社を目指します。


社長メッセージ

CEO
** 紙への挑戦を続ける **
丸三製紙が、古紙を主原料にしたリサイクル商品に取組み始めて90余年。その間、常に考えてきたことは「紙素材で何が出来るか」という挑戦でした。
有機繊維だけでなく無機繊維を含めた素材の紙シートから「包む素材」のみならず「住宅用から自動車関連用素材」まで、顧客のニーズに応え幅広く商品化し、高い評価を得る事ができました。
地球温暖化対策が強く叫ばれている昨今、私達は、循環型産業の一員として限りある資源の有効利用と環境に優しい生産活動を行いながら「リサイクルの可能性」を追求して参ります。今後、リサイクルの中での紙はどのように位置付けされるのでしょうか。私達の「紙への挑戦」はまだまだ続きます。
私達丸三製紙の理念と企業活動をご理解頂ければ幸いです

代表取締役社長   三 田  計  
             

環境への取り組み

丸三製紙は、循環型産業のパイオニアとして自らの事業活動における環境負荷を低減し、地域社会に密着したより地球環境に優しい企業を目指すためISO14001を取得しました。
2006年8月11日 認証取得。

環境方針

丸三製紙株式会社(丸三物流株式会社を含む)は、“循環型産業”の担い手として地球環境にやさしい経営を大切にし、資材調達から生産・販売・物流・サービスに至るまで生物多様性への配慮を含め、環境保全活動を継続的に行うとともに汚染を予防するために、次の環境方針を定める。
1.環境関連法の順守
環境に関わる法規制・条例並びに当社が同意するその他の要求事項を順守する。
2.幅広い環境保全活動の促進
環境に対する社員の意識高揚と環境保全を目的として、“6Sプラスワン活動” “ゴミゼロ運動”を推進すると共に、利害関係者 とのコミュニケーションを促進する。
 3.環境パフォーマンスの継続的な改善
環境パフォーマンスを向上させるため、環境マネジメントシステムの有効性の継続的な改善を図る。
 4.省資源・省エネルギーの推進
省資源・省エネルギーに叶う投資を積極的に行い、資源とエネルギーの有効利用とコストダウンに努め、省資源・省エネルギーを推進する。
 5.廃棄物の低減と適正な処理
廃棄物の発生量を抑え、再利用、再資源化により最終処分量の低減に努め、また、発生した廃棄物は適正に処理する。
 6.化学物質の適正管理の推進
化学物質の適正管理に努め、事故及び緊急事態に伴う環境影響を予防し緩和するための対策を講じる。
 7.環境に配慮した資材の調達と生産販売活動の推進
環境に配慮した資材の調達と環境負荷の低減を考慮した生産販売活動を推進する。



著しい環境側面

当社が直接的または間接的に影響を与える環境側面をご紹介します。



違法伐採対策の取り組み

購入パルプの調達にあたって、地球環境問題、木材資源の有効活用の観点から違法伐採された木材原料(チップ)を使用していないサプライヤーから調達するよう、以下「木材パルプの調達方針」を定めました。



廃棄物処理施設に関する維持管理情報

丸三製紙が保有する廃棄物処理施設(焼却施設・最終処分場)の維持管理記録を公表いたします。

維持管理記録(焼却施設)

 平成29年度  平成28年度  平成27年度  平成26年度

維持管理記録(最終処分場)

 平成29年度  平成28年度  平成27年度  平成26年度




バナースペース

丸三製紙株式会社

〒975-0039
福島県南相馬市原町区青葉町1-12-1
TEL 0244-22-3111
FAX 0244-22-0650